杖取り

杖取りも、体捌き、足捌きが肝ですが、技を覚える初期段階では、どうしても上半身に意識が向いてしまい脱力できません。基本は体術と同じです。

片手取り呼吸法

あえて相手とぶつかるかたちから始め、瞬時に抜く感覚を覚えます。合気道においては、技をかける瞬間に力を抜く、つまり通常の感覚とは真逆を行うので、これを心身に刻みつけるのが問われます。

正面打ち四方投げ

初心者はまず、正面打ちをしっかりと受け止めて捌くところから始めますが、その間合いをつかんだら、捌かずに入身して切り込むことで相手を崩します。

正面打ち呼吸投げ

振り下ろされる正面打ちの軌道を乱すことなく、そのまま体捌きで後方に捌きますが、正面打ちの基本をしっかりと身に付けた上での上級者向けの技です。

片手取り入身投げと前受身

入身投げを前受身、さらに飛び受身で受けるのは、演武などのパフォーマンスのためだけでなく、受けを通じて身体を練ることにもつながります。