交差取り一教

手刀を切り落とす際に、自分の内側から外に伸びていく感覚を一教では学びます。合気道では腕を曲げる力はほとんど使いません。あえて「力」と言うとすれば、それは伸びる力がすべてです。だからこそ、すべての技は心身共に伸び伸びと行うことが問われます。

半身半立片手取り四方投げ

半身半立では、当身も入れられず相手が圧倒的に有利なだけに、腕をとられた瞬間から相手をコントロールする必要があります。ただ力まかせに相手の腕を掴んで技をかけていると、半身半立では通用しません。

後両肘取り一教

相手に掴まれる場所が、手首、肘、肩となるにつれ、より細やかな身体感覚が問われます。身体の中心から肩甲骨を動かし、肩などを身体の尖端のように駆使するのを目指します。

横面打ち回転投げ

合気道の目指す道は、相手の腕を掴んだり、引っ張ったり、捻ったりとかではまったくなく、ただ一点で相手とつながり、一体化して捌くことです。それはとても困難な道ですが、だからこそ最初から誤った道に入り込んではいけません。

後両手取り四方投げ

後ろから両手をがっちり掴まれても、むしろそれを通じて相手を導き、しっかりと崩せば、どんな技にも展開できます。核心は、相手とつながること、一体化することです。

後両手取り十字投げ

後両手取りは、がっちりと掴まれた状態から稽古しないと、相手をきちんとコントロールできません。受けが自分の腕を追いかけて勝手に崩れてくれるのは、最も安直な稽古で、これでは鍛錬にはなりません。

交差取り二教

合気道の技の基本は、「さりげなく」です。「いかにも技をかけた」と力むよりも、「ちょっとかけた」ぐらいの方が、はるかに技が効きます。ゆえに、はたから見ると「あれはインチキじゃないか」と思われるのですが、少なくとも合気道の体系の中ではそうなのです。