歩み寄りからの正面打ち一教・入身投げ

お互いに歩み寄りながらの稽古では、取りの主導性をいかに発揮するのかを試します。先に攻撃するのは受けですが、取りはそれを自らの主導性に取り込んでいくのが捌きの基本です。

コメントを残すにはログインしてください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください