伸び伸びと心身を解放する呼吸の流れ③諸手でがっちりと握られても気にしない

腕を万力のように掴まれても、肘や肩が柔らかければ、自分の身体を自由に動かすことができます。つまり、体捌き、足捌きにより伸び伸びと呼吸できるポジションに移動すれば、腕の状態に関係なく、呼吸力を発揮することができます。諸手取り呼吸法は、まさにそれを検証するための稽古です。

身体意識を育む遊び稽古①諸手取り合気下げ

典型的な合気下げを遊び稽古しました。相手を倒すのが目的ではなく、自分の動きの起こりを消すこと。そのためには、意識操作がものすごく重要だと理解すること。そして、通常の力の概念を覆すイメージを持てるのか。総じて、呼吸力とはまさに、これらを総合的に表現しているのではないか、と模索しています。

伸び伸びと心身を解放する呼吸の流れ①

呼吸力を活かすためには、心身を伸び伸びと解放できる状態に保つ必要があります。心身の状態が固いと、呼吸力はまったく発揮できません。逆に、相手に囚われず、呼吸だけに集中すると、心身の状態は柔らかく、自由を保つことができます。稽古は楽しく伸び伸びと、これが呼吸力につながります。

半約束稽古で呼吸力を検証する①(打ち、突き、手首取りをランダムに)

約束稽古は、心の状態を安定させることが身体パフォーマンスを上げるという実感を身に付けるためのものです。逆に言えば、その「約束」が無くなっても、心身が自然体の状態で捌けるのか、が究極の目標とも言えます。その一歩として、受けはまったくランダムに攻め、それを自然体で捌き続けることができるのかを検証します。技が上手くかかるのかは二の次で、呼吸を乱さないこと、まさに呼吸力を活かし続けることができるのかが問われます。

呼吸で捌く正面打ち一教(呼吸力の探求①)

相手の打ち込みに対して、こちらも打ち込みで返さない。打ち込みに合わせて身体全体の呼吸で吸収し、下に崩す。呼吸力とは何か? 身体のすべての力を抜いた上で、最後に残るのは丹田を中心にした身体全体の開け閉めではないのか? 踏ん張れば足に、肩に、肘に力が入る。その力とはまったく次元の違う、踏ん張らない呼吸力を探求します。