中心で捌く意味

合気道の捌きは、必ず身体の中心で行います。相手と一体化すると同時に、自分の体重をもっとも効果的に相手に伝えるためです。すべての足捌き、体捌きはそのために駆使します。