合気下げの極意は仙骨にあり

最も厳しい諸手取りの状態から合気下げをする動画は色々とありますが、それらに懐疑的だった二人で試行錯誤してみました。その結果、最後には仙骨の開け締めを自由に駆使すれば、本当に真下に崩すことが可能だと分かりました。

横面打ち小手返し

無限ループは、どこでも方向転換や反転可能で、かつ常に立体的な円の動きなので、捉えどころがなく、ぶつからない、居着かない捌きになります。心身は安定し、自分の中をエネルギーが流れていくのを感じるようになります。

諸手取り呼吸法(上級者向け)

一切の忖度なしに、ガチで諸手で抑え込んで、どこまで捌けるかを検証しました。初心者の方にこれをやると、まずは覚えるべき型が崩れるので行いませんが、上級者ではお互いに検証してより合理的な捌きを探求します。

両手取り呼吸法(上級者向け)

体捌きの尖端の意識が、初心者は手首にありますが、上級者になるにつれて肘、肩、さらに肩甲骨=身体の中心に近づいていきます。それに伴い、上半身は脱力し、通常の腕の力などほとんど使わない状態になります。