両手取り呼吸法(上級者向け)

体捌きの尖端の意識が、初心者は手首にありますが、上級者になるにつれて肘、肩、さらに肩甲骨=身体の中心に近づいていきます。それに伴い、上半身は脱力し、通常の腕の力などほとんど使わない状態になります。

肩取り二教・三教(上級者向け)

一教は肘から、二教は手首から、三教は指先から、相手の中心と繋がり、自分の中心に落とし込んで一体化する感覚を研ぎ澄ますのかが問われます。肘を掴んだり、手首を力ずくでねじったりしていては、いつまでたってもこの感覚が培われません。