ゼロからの正面打ち一教(初心者教室)

合気道のイロハのイとも言える正面打ち一教ですが、初心者はまず、相手をしっかりと下に崩し、さらに相手の中心を自分の中心に引き込んでいく感覚を学ぶことが問われます。相手とぶつからず、一体化する。この先学ぶ、すべての技につながっていきます。

丹田から各部位を捌く(後両肩取り呼吸法)

この秋に初段審査を控えた方に、後両肩取りからの捌きを稽古しました。腕から離れ、身体各部位の捌きになればなるほど、丹田からの動きが問われます。後ろに回った相手がそのまま肩の動きを追いかけて自然に崩れてくれるような、過度な約束稽古の予定調和では、いくら稽古しても本当の捌きは身につきません。