諸手取り呼吸法

諸手取りをがっちり取られた状態からの稽古は、脱力、体幹、足捌き、体捌きなどのすべての要素を検証するためです。最初から流れで誤魔化すと、これらが分からなくなります。

胸取り二教

胸を取られるのはリスクも大きいですが、同時に、自分の中心に一番近い位置で相手とつながることでもあります。ゆえに、そのつながりを活かして捌くことが問われます。

後両肩取り呼吸法

自分の肩を手先のように駆使する、しなやかな身体感覚を培うための稽古です。合気道では、稽古するほどに手足の起点がどんどん自分の中心に近づき、最終的には自分の中心と一体化するのを目指します。

交差取り一教

合気道の理想は、自分の腕を掴んでいる相手を自然に導くことです。相手は、手を離したくても離せない状態、何でついていくのか分からない。そんな状態を目指します。

交差取り入身投げ

合気道のすべての技は、相手の力を無力化してから捌きます。無力化するためには、相手が伸び切った状態をつくること、そのためには、まず自分自身が伸び伸びと心身を駆使するのが問われます。