合気道において「受けを取る」ことの意味

合気道においては、技をかける側を「取り」と言い、技をかけられる側を「受け」と言う。
「受け」は攻撃する側であり、相手の腕を掴んだり、あるいは打ち込みをしたりする。
「取り」はこうした攻撃を捌き、技をかけるわけだ。

攻め手と受け手があらかじめ決められた約束稽古である。
しかも合気道には一般的に試合と呼ばれるものはない。

さて、試合もせず、あらかじめ取りと受けが決まっている合気道の稽古に、武道としてのどんな意味があるのか? と言う問いは、ある意味で当然である。
ここで私は、「合気道は本当に強いのか?」と問題を矮小化させるつもりはない。
何をもって強いとするのかは、武道において命のやり取りをする時代ではない以上、ほとんど何の意味もない。

例えば、「空手と合気道とどっちが強いのか?」という問いは、「野球とサッカーとどっちが強いのか?」と問うているのと同じである。
なぜなら、空手も合気道も、それぞれのルールを逸脱し、不特定多数を相手に、それこそ喧嘩することなど想定していないからである。
「想定していない」と言うより、そんな状況を回避することに、何よりも価値を置いているとも言える。

これらをすべて踏まえた上でなお、ある問いは残る。
では、合気道において、技の上達はどうやって検証されるのか?
私が思うに、それは「受けを取る」という極めて能動的な行為において検証されるしかないと思う。

ただし、この「受けを取る」という言葉は、ある意味で誤解を生みやすい。
相手の技を受けることは、極めて能動的な行為なのだが、これが、「相手の技に自分から合わせていく」と誤解されているケースも多々見受けられる。
「合気道は相手と争わない」という大義名分によってこれが合理化されている場合もある。

実は「受けを取る」とは、もし相手の技が不十分であれば、「これは違いますよ」と取りに伝えることを意味し、逆に相手の技が極めて優れていれば、気持ちよく投げられることを意味する。
取りの側は、受けが抵抗し技がかかりにくいという状況になれば、「これはどこかが違うのだ」とフィードバックし、逆に相手が抵抗なく技にかかれば、「これでいい」と確認する。
取りと受けは常に、こうしたやり取りをしなければ、いくら稽古をしても意味はないのだ。

だから、合気道の稽古の質は、こうしたやり取りをできる仲間をどれだけ増やせるのかにかかっている。
ただポンポンと相手を投げて自己満足していては駄目なのである。
相手は間違った「受けを取っている」だけなのかもしれないからだ。

Please Login to Comment.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください